ネットカジノで利益が出た場合の申告の必要性

ネットカジノは普段嗜む程度に遊んでいれば大きな利益が出ることはあまりないので年間を通して儲けられる金額も限られていますが、もし大当たりをした時にはその所得が何に分類されるのかがよくわからないという方がいます。ネットカジノでの利益は日本の税法上では一時所得として分類され、この所得は原則的に競馬や競艇にパチンコなどで得た所得と同じ控除額になるのでその額は一律で50万円です。万が一一年間で51万円以上設けている時には税申告の義務が発生するのでその年の年度末に税務署に行って申告を済ませましょう。申告と言っても特に難しい作業は必要なく所定の書類にその年の一時所得の額を書き、そこから控除額の50万円を差し引いた額を記入すれば申告は完了します。税務署で振込用紙をもらえるのでそれを使って金融機関で振り込む形になります。
オーストラリアカジノホテルランキング&比較評判」オンラインカジノブログもチェック

ネットカジノの利益は無申告の状態でも問題はな無いと思う方はかなり多いですが、決済サービスを使って日本の口座に振り込まれた時点でもうその所得は税務署が簡単にチェックできます。流石に数十万円程度の入金で税務署から呼び出しがかかることはまずありませんが、年間で数百万円や数千万円程度の利益がありそのお金を換金していて無申告の時には呼び出しがかかります。銀行では大きな額の入金があった時には税務署に連絡するという仕組みがあるからです。自分ではバレていないと思っていても国家機関である税務署は国内の口座に振り込まれたお金ならば何でもチェックできる権限があるのです。追徴課税になって後々で後悔しないためにはネットカジノで大幅な利益が見込める時にはその年の年度中に申告を済ませておきましょう。

ネットカジノで確定申告の義務が発生するほどの利益を得ていながら無申告だった時には数年後にまとめて追徴課税を課されることがあります。税務署が追徴課税にやってくるときは全ての証拠を押さえてから来るので収入の詳細について詳しく聞かれます。その時に悪質な脱税であると判断されると延滞税の他に無申告加算税が課されてしまうので、本来支払わなければいけない税額の倍以上のお金をとられることになります。その時点で支払えるお金がなければ差し押さえが来ることもあるので、ネットカジノの収益のみで生計を立てていこうと考えている方は税申告を必ずして無駄な税金をとられないように対策していきましょう。ネットカジノは日本国内でもプロプレイヤーがいることも事実なので税申告が必要なくらい稼いでいる人は少なくありません。