ベラジョンカジノにあるダイスゲームの一種類であるクラップス

今話題になっているクラップスは、ゲーム内容がとてもシンプルです。プレイヤーがサイコロを2つ投げて、その目の出目の合計値で勝ち負けが決まるゲームと考えると、初心者でも無理なく楽しめる内容であることが分かります。知名度の高いベラジョンカジノでもプレイすることができ、少しずつ知名度も高くなっています。少々慣れは必要ですが、実際にプレイをしてみるとすぐに覚えてしまいますので、まずはプレイを重ねることが重要です。

クラップスはダイスゲームのうちの一種類であり、極めようとすると複雑に感じることもあります。ベラジョンカジノでは単純なゲームだけでなく複雑なゲームも多数用意していて、幅広いユーザーが楽しめるようになっています。基本的にはプレイヤーが6面のサイコロを2つ投げて、7から11が出ればプレイシャーの勝ち、2か3が出れば負けです。この時の1投目で勝負が決まらない時には、1投目で出た数字が勝ち数字になり、7は負け数字になります。更にそこから賭けることで、利益を増やしたり損害を小さくすることが可能です。戦略で勝てるゲームではありませんのでハイローラーには受け入れられないタイプだと思われがちですが、実際には控除率が低いために初心者から上級者まで幅広い層に人気です。