ベラジョンカジノでのポーカーのルールについて

ベラジョンカジノでのポーカーのルールですが、日本で一般的に遊ばれているものとはかなり趣の異なるゲームになっています。とはいっても、これはベラジョンカジノに特有のものではなく、世界中のカジノでほぼ共通しているものですので、慣れることでむしろカジノではしっかりと遊べるようになるでしょう。まず、プレイヤーには2枚のカードが配られます。通常5枚配られるところが2枚だけで、しかもこの2枚は山札と交換することもありません。最初から最後まで自分の手札です。

もちろん2枚だけではワンペア以外のポーカーの役は作れないわけですが、手札とは別に、合計で5枚の場札が表向きに配られることが、日本で普通に遊ばれているゲームにはない大きなポイントです。この5枚の場札はコミュニティカードとも呼ばれ、全てのプレイヤーが共通して約を作るために使うことができます。要するに、手札2枚と場札5枚の計7枚の中から自由に5枚を選んで高い役を作ることを競うゲームなのです。場札は一挙に5枚が配られるわけではなく、まず3枚、次いで4枚目、5枚目と徐々に配られますので盛り上がりますし、どんな役が最終的にできそうか、他のプレイヤーとの駆け引きも熱くなります。